COLUMN

HOMEアンティーク調の腕時計の製作を行う【ARKRAFT】のコラム ​> 手作り腕時計はヴィンテージの時計がデザインベース、文字盤への名入れにも対応する東京・蔵前の【ARKRAFT】の作品を~革ベルトのお手入れ~

手作り腕時計はヴィンテージの時計がデザインベース、文字盤への名入れにも対応する東京・蔵前の【ARKRAFT】の作品を~革ベルトのお手入れ~

手作り腕時計(ヴィンテージのデザイン)をお探しなら東京・蔵前のアトリエ兼店舗【ARKRAFT】へ

手作り腕時計(ヴィンテージのデザイン)をお探しでしたら、職人街である東京・蔵前にアトリエ兼店舗を構える【ARKRAFT】の作品をご覧ください。

【ARKRAFT】は、オリジナルの手作り腕時計を製作する時計ブランドです。「腕時計の道具としての機能性+手しごとならではの温かみや遊びの融合」をコンセプトに、5つのスタイルを展開しています。

作品についてのご質問は、お気軽にお問い合わせください。

手作り腕時計はヴィンテージの時計をデザインのベースにしている【ARKRAFT】の作品を~名入れも可能~

手作り腕時計はヴィンテージの時計をデザインベースに、1点1点手作業で製作している【ARKRAFT】の作品はいかがでしょうか。

ベルト部分には、しなやかな弾力と張りを持つ「エトルスコ」、マットな質感の「プエブロ」、色ムラのある「ハバナ」、シワ感が特徴の「シュリンク」、オレンジとブラウンの中間色「チグリ」を使用しています。

どれも、使い込むほどにヴィンテージのような風合いに変化する植物性タンニン鞣し革です。文字盤への名入れも承っていますので、ご希望の方はご注文ください。

革ベルトのお手入れ

油分を含んでいる植物性タンニン鞣し革は、基本的にクリームによるお手入れは不要です。しかし、日々のお手入れで革ベルトの質は異なるため、長く使い続けるためにもこまめなケアを欠かさないようにしましょう。

ゴミやホコリが付着したままだと、革の組織の劣化を早めてしまいます。特に、ステッチ部分(縫い目)はゴミが入り込みやすいです。

使用後は、ブラシなどで表面のゴミやホコリを綺麗に落としましょう。そして、乾燥が気になる場合は革専用のクリームで油分を補ってください。一度にたくさんのクリームを塗るのではなく、ごく少量を丁寧に伸ばすイメージです。

仕上げに柔らかい布で軽く拭くと、自然な艶が生まれます。また、植物性タンニン鞣し革は素材の性質上、水分や湿気、汗などの塩分を含む水には弱いです。万が一、水分を吸収してしまったときは、水道水で湿らせた布で軽く拭くようにしてください。

コラム一覧

手作り腕時計はヴィンテージのデザインが人気の【ARKRAFT】で

サイト名

ARKRAFT

住所

〒111-0054
東京都台東区鳥越2-1-7-101

TEL

03-5820-5901

URL

ARKRAFT

東京都台東区鳥越2-1-7-101

TEL:03-5820-5901 

info@arkraft.net

COPYRIGHT © ARKRAFT Official ALL RIGHTS RESERVED.

PRIVACY POLICY

  • Facebook Social Icon
  • Instagram Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Blogger Social Icon

[支払い方法]

クレジットカード(Square)

VISA.Master card.American express.JCB

銀行振り込み(埼玉りそな銀行)

​代引き(佐川急便)

Paypal